[NSB]2021年度NSB班(スペースバルーン班)始動!!

こんにちは、NSB班のK.M.です。

新学期になり、2021年度のNSB班の活動が始動しました! 
第1回目のblogではNSBの今期の活動について説明します!

今期の活動は大きく2つあります。それは、

  1. 係留気球によるCANSAT投下実験
  2. Earth Light Project

です!
以下詳しく説明します。

 

係留気球によるCANSAT投下実験

 係留気球実験とは、スペースバルーンの練習としても使われる、上空10~200mの高さまで気球を掲げる実験です。今回の実験ではその係留気球を用いてCANSATを上空約20mまで上昇させ,そこからCANSATを投下します。CANSAT班と協力して行う実験なので6月の実施を目指して一緒に準備を進めています!(CANSAT班のblogも参照してください!)
*写真は過去の実験の様子

 

Earth Light Project

 Earth Light Projectとは、地球を背景に、分断解決の象徴としての炎を掲げるプロジェクトです。日本中の学生(約200人)が、広報や技術などのチームに分かれて活動していています。
 炎を打ち上げる手段としてスペースバルーンを用いるため、NSBのメンバーも参加しています。昨年9月にクラウドファンディングでの支援額約1000万円を達成し、今年5月打上げに向けて活動していましたが、緊急事態宣言の影響を受け延期となりました。現在は6月実施予定で動いています。
 実は、今年の4月に茨城県大洗町で試験打上げを実施し、無事成功しました!!!その写真がこちらです!

これらの活動のほかにもまだまだ企画しているプロジェクトがあるのでまた報告します!
今後ともNSB班をよろしくお願いいたします!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください